未分類

セックスレスの旦那の気持ちってどういうもの?解決法もご紹介!

夫婦の2組に1組が、セックスレスだと言われている日本。

しかし、セックスレスという悩みを抱えていても、周りに相談しにくいというのが現状です。

出産したらいつの間にかセックスレスになっていた、まだ新婚なのにセックスレス、子供が欲しいのにセックスレスなど、セックスレスの背景は様々です。

もちろん、セックスレスでも円満な夫婦はたくさん存在します。

それでも、セックスレスであることに対してモヤモヤしたり、解消したいと思っている方は多いでしょう。

そこで今回は、セックスレスになってしまう原因と解消方法について、ご紹介していきましょう。

セックスレスの原因①精神的なもの

セックスレスの原因を、探っていきましょう。

セックスレスの原因は、精神的なものと身体的なもの、2つに分けられます。

まず精神的な理由として挙げられるのが、「セックスのマンネリ化」です。

付き合いたての時は、お互いにとってセックスが新鮮に感じられます。

しかし、時間が経つにつれて、セックスに新鮮さが見いだせなくなり、マンネリになってしまいます。

もちろん、同じ相手とのセックスが安心するという方もいるでしょう。

ですが、お互いのセックス自体に飽きてしまい、そういった気分にすらならないというカップルもいるのです。

これは、愛情が減ってきているということではありません。

一緒にいる時間が長いと、家族へ向けるような愛情に変わってしまうことがあります。

そうなると、次第にセックスをする気が起きず、セックスレスに陥ってしまうんですね。

産後にセックスレスになる原因として、男性側が妻を母として見てしまうことが挙げられます。

妻を母親と見てしまうと、なかなかセックスする気分にはなれません。

そのほかに、セックスの満足度が低いということも考えられます。

セックスをしていても、ただの作業のようになっている時はありませんか?

毎回同じ手順で同じように行っていると、お互い満足を得られることは少ないです。

これも、マンネリ化の一因になります。

セックスレスの原因②身体的なもの

続いては、身体的な原因をご紹介します。

身体的な原因がある場合、男性はプライドが高いため、原因を口に出しては言いません。

セックスを断るときは忙しいから・疲れているから・などと違う理由で断ることがあります。

こういった理由から、女性側に男性の不調が伝わらないことが多いですね。

しかし、男性の身体的な理由からセックスレスになるカップルは少なくありません。

身体的な理由の1つとしては、勃起不全(ED)が挙げられます。

日本人の4人に1人は、EDを抱えているというデータもあります。

EDは、決して珍しい疾患ではないんですね。

「全く勃たない」ということだけが、EDの症状ではありません。

挿入しても最後までイケない途中で柔らかくなってしまうというケースも、EDに含まれます。

こういったことが何度も繰り返されてしまうと、男性はセックスするのが恥ずかしくなってしまいます。

結果として、それが原因となり、セックスレスになってしまうのです。

女性側がそこまで気にしていなくても、男性としては、それがコンプレックスになってしまうことがあるんですね。

また「仕事で疲れている」ことも、理由として挙げられます。

疲れているという言葉は、セックスの断り文句として非常に多いと思います。

しかし、仕事で疲れ果てている場合、セックスをする余力すら残っていないこともあるでしょう。

そこで、女性がいくら誘っても、その気持ち自体が重荷になりセックスをする気分にはなれません。

コミュニケーションを取りましょう

セックスレスを解消するために、女性側ができることはなんでしょうか。

まずは、普段からコミュニケーションを取ることを意識してください。

普段は会話が少なくなっていたり、産後は子供の話ばかりしているということはありませんか?

心当たりのある夫婦も、多いと思います。

父親として・母親としてという立場も大切ですが、1人の男性として・女性としてお互いを見ていくということも大切です。

仕事に対していたわりの言葉をかけたり、マッサージをしてあげたり…思いやりを持って接してみましょう。

そうすれば、自然とお互いの関係が良くなっていく可能性が高いです。

また、普段から軽いキスやハグをするなど、スキンシップを心掛けてみましょう。

外を歩くときには手をつなぐ、出かける前にはキスをするなどのスキンシップがオススメです。

こうしたスキンシップがとれていると、セックスを始める時にスムーズにいくことが多いです。

また、「どんな理由からセックスをしたくないか」ということを、腹を割って話し合いをすることも1つの手。

相手の気持ちを自分の頭の中で予想して、勝手にもやもやしていても良い結果にはつながりません。

自分が考えていることと、相手が思っていることが必ずしも一致するとは限りませんからね。

そのため、お互いに思っていることをぶつけ合うこともセックスレス解消の近道です。

話し合うことによって、お互いの思いがわかり、より良い方向へと進むでしょう。

もちろん、自分の意見をぶつけるだけではなく、相手の気持ちもしっかりと聞くようにすることが大切です。

病院に行きましょう

もし原因が身体的なものであった場合、病院に行って調べてもらうこともセックスレス解消のための近道です。

デリケートな問題ですし、恥ずかしいと思うかもしれません。

しかし、そういった病院に通っている男性の数も、近年増え続けています。

勃起不全で悩んでいる場合、薬剤による治療が勧められます。

主に、バイアグラなどの抗ED薬を使用した治療になります。

薬を飲むことに、抵抗のなる男性もいるかもしれません。

しかし、自分の中の悩みを医師に話すだけでも、気持ちが晴れるという方もいます。

まずは、病院を訪ねることから、始めてみましょう。

積極的に誘ってみましょう

「旦那さんが誘ってくれない」という理由で、セックスレスになっている夫婦もいるでしょう。

その場合は、ぜひ女性側から誘ってみてください。

セックスは、男性が誘うものと決めつけてはいないでしょうか。

受け身の女性も素敵ですが、たまには自分から積極的に誘ってみることも大切です。

男性側からすると、毎回自分から誘うのも勇気がいることです。

断られたらどうしよう、毎回自分ばっかり動いていて本当に満足しているのかな、などと不安に思っている男性も少なからずいます。

そのため、普段は誘われる立場という女性は、ぜひ自分から声をかけて誘ってみましょう。

セックスの最中に積極的に動いてみるのも、マンネリ化を防ぐコツとなります。

男性もセックス自体に満足すると、次のセックスを望む場合が多いです。

それが結果として、セックスレス解消に繋がることもあります。

どうやって動けばいいかわからない、という女性は、男性に喜ぶことを聞いてみると良いでしょう。

甘える感じで聞いてみると、大概の男性は喜んで教えてくれます。

いつもの自分よりも積極的になるだけで、男性の心は満たされます。

セックスレスを解消して夫婦仲も良くしよう

長年一緒にいるカップルや夫婦でも、外からは見えない悩みを抱えていることが多いです。

特にセックスに関係する悩みは、なかなか他人には相談しにくいですよね。

そのため1人で悩みを抱えてしまい、それが原因で離婚に繋がることもあります。

1人で抱え込まず、お互いに話し合うことが大事です。

この記事が、セックスレスを解消のお役に立てれば幸いです。